転移・再発がんの早期発見

PET検査はがんの転移や再発に対しての検査にも活用されている。

再発がんが一般的に原発がんより多くのブドウ糖を摂取するため、再発がんの早期発見に絶大な威力を発揮する。

PET検査は全身を一度に検査できるので、予期せぬ部位に転移したがんの発見にも大変役立つ。

なぜならば転移したがんがどの臓器に出現するかは予測困難だからだ。

従来は可能性の高い臓器だけを狙ってCTや超音波検査など他の画像診断を行っていたので、PET検査の導入によってがんの転移や再発の早期発見などの成果があがってきている。

PET検査はがんの転移、再発という恐怖と戦う患者さんにとって、大変心強いものとなってきている。

このように転移・再発のフォローアップに定期的なPET検査を行うことで、大きな安心を得ることができるのだ。

再発・転移診断の有用性は日本でも認められており、肺がん、乳がん、大腸がん、頭頸部がん、脳腫瘍、悪性リンパ腫、悪性黒色腫の転移・再発診断において健康保険が適用されている。

保険適用の条件としては、主治医や各検査機関にお問い合わせいただきたいが、一般的な定義は以下のようになっている。

⇒ 他の検査、画像診断により癌の存在を疑うが、病理診断により確定診断が得られない方でPET検査を受ける方は保険適用が可能。

がん早期発見

PET検査はがんの早期発見や診断に威力を発揮するが、すべてのがんに有効とは言えず、決して万能な検査とはいえない。

また一部マスメディアなどで時折見かける「数ミリのがんも発見できる」といった表現は決して正しいものではないかもしれない。

PET検査が得意ながんは、頭頚部がん、肺がん、乳がん、膵がん、大腸がん、卵巣がん、子宮体がん、悪性リンパ腫、悪性黒色腫などといわれている。

また苦手としているがんは、肝がん、胃がん、前立腺がん、腎がん、膀胱がん、子宮頸がんなどだ。

PET検査が苦手とするがんは、尿経路の臓器だ。

使用するFDGが尿中に排出されてしまうため、膀胱や腎臓、尿管などにはどうしても薬剤が集まってしまい、その付近のがんは見落としてしまう可能性があるのだ。

また胃がん、原発性の肝がんなども苦手な部位だといえる。

さらに炎症を起こしている部位や良性腫瘍などを、がんとして捉えてしまうこともままあることだ。

PET検査では、薬剤の集積は血糖値に大きく影響されるので、糖尿病の患者さんなどは診断に注意が必要だろう。

苦手とする部位には、CTやMRIなどその他の画像診断や内視鏡検査などを組み合わせるとより効果的だ。

PET検査は確かに万能とはいえない。

しかし得意、不得意を正しく認識したうえでCTやMRIなどを活用しておこなうことで高い精度の検査をおこなうことが出来るようになるわけだ。


PET検査によるがん検査

PET検査は決して万能ではない。

がんを見逃してしまう危険性がないわけではないからだ。

PET検査は他の形態画像診断であるCTやMRIに比べてがんを見逃してしまう確率は低いといわれている。

逆にPET検査で異常が見つかった場合は、組織を採取しての診断など、より詳細な検査に進むわけだ。

PET検査を行った後で、わざわざ更に詳細な検査を行うのは理由がある。

炎症や良性腫瘍など、がん以外のものも検出してしまう可能性があるから、というのがその理由だ。

この段階で精密な検査を行わず、がんでないものをがんと診断して治療を行ってしまうと、さらにリスクの高い治療を患者に強いてしまうこととなる。

PET検査のメリットは最初に行うことで、患者の肉体的かつ経済的な負担を軽減できるところにあるといわれる。

腫瘍の良性か悪性かの診断がかなり高い精度で可能になったため、陰性の場合はよほどのことがない限りそこで検査は終了する。

PET検査を最初におこなうことは患者にとって、何度も検査をする必要がなく肉体的負担が減る。

それと同時に不必要な検査を減らすことも出来る。

しかも精度の高い検査をすることが出来る。

このようにPET検査をおこなうメリットは限りなく大きいのだ。

PET検査とCT 検査

PET検査はCTやMRIと比べられることが多いが、違うものだ。

CTはX線を体の外側から照射して断層像を撮影する検査で、MRIは磁気を使って体の断層を撮影するものだ。

それではPET検査がどのような仕組みになっているかを説明しよう。

PET検査は陽電子を放出する放射性同位元素で標識された薬剤を被検者に投与し、その分布をPETカメラで撮影することで脳・心臓など臓器の局所機能を画像に描出し、病気を診断する検査法なのだ。

PET検査先進国であるアメリカには「PET First」という言葉があり、がん診断のファースト・ステップに位置づけられている。

従来はCTやMRIなどでがんの疑いが判明したとき、それだけでは腫瘍の良性・悪性の鑑別が難しいために、内視鏡検査や試験開腹といった検査が行われてきた。

しかし、これでは患者の肉体的負担と経済的負担が大きく、いかにしてそれらの負担を無くすかが課題となっていた。

PET検査は腫瘍の良性・悪性の鑑別を得意としている。

そのPET検査が登場してからというもの、まずPET検査を行い、異常がある場合は次の検査に進み、異常が見られない場合は検査をストップないし経過観察するという流れができている。




PET検査

PET検査とは、「ポジトロン断層撮影法」のことで、X線CTのような装置で、心臓や脳などの働きを断層画像としてとらえ、病気の原因や病状を的確に診断する新しい検査法だ。

PET検査の普及により様々な病態の診断に役立つようになってきた。

PET検査では、ポジトロンを放出するくすりを、静脈から注射したり、呼吸により体内に吸入してもらう。

くすりが体の中を移動して、心臓や脳などからだのいろいろなところに集まる様子を、からだの外から「PET装置」で撮影するわけだ。

検査の目的に合わせてくすりを選ぶことにより、脳や心臓、がんなどの診断ができる。

PET検査をすることにより様々な病態がわかる。

例えばがんの場合だと、ほとんどのがんの診療に有効だ。

肺癌や大腸癌、食道癌、膵癌などの消化器系の癌、子宮癌、卵巣癌などの婦人科系のがんや甲状腺癌、乳癌、悪性リンパ腫や骨腫瘍、悪性黒色腫などの診断にも役立にたつのだ。

PET検査はがんの転移をみつけるのにも大変役に立つ。

がんは転移のあるなしによって治療法が変わってくる。

そのためとても有効だ。

以前の検査では分かりにくかったがんの転移なども、PET検査によって早期に発見出来るようになってきてことはとても大きいメリットだ。